応用衛星リモートセンシング研究センター設立までの経緯

平成17年度

  • JAXA との共同研究開始
  • インドネシア国立ウダヤナ大学・リモートセンシング海洋科学研究センターとの学術交流開始

平成19年度

  • 理工学研究科付属安全環境研究センターに「衛星リモートセンシング部会」設置

平成17年度

  • 文部科学省・宇宙利用促進調整委託費 「国際連携による衛星リモートセンシング人材育成」
  • ウダヤナ大学との間で、インターネットを用いた10科目の共同授業開始
  • ダブル・ディグリー・プログラム(DDP)開始

平成25~27年度

  • 文部科学省・宇宙利用促進調整委託費 「大学院の国際連携による衛星リモートセンシング人材育成」
  • 共同授業科目を12科目に
  • 対象国をタイ、ベトナム、マレーシア、フィリピン、東ティモールへ拡大

平成27~29年度

  • 日本学術振興会・研究拠点形成事業(B.アジア・アフリカ学術基盤形成型)
  • 「衛星リモートセンシングによる防災・環境に関する東南アジア研究・教育拠点の構築」
  • 平成27年度に2回、平成28年度の1回の国際セミナー開催

平成27~30年度

  • 山口大学・新呼び水プロジェクト
    「時空間軸統合衛星リモートセンシング技術の 防災・減災への応用とその国際展開」に採択

平成28年4月1日

  • 理工学研究科付属安全環境研究センター「衛星リモートセンシング部会」を発展的に解消、創成科学研究科「応用衛星リモートセンシング研究センター」として活動へ。

平成29年2月1日

  • 山口大学応用衛星リモートセンシング研究センター正式に設立